HOME > 取扱業務

重点取扱分野  離婚(夫婦関係)    → ★特設ページ「「離婚」の法律基礎知識

写真 年では、年間離婚件数は、年間婚姻件数の3分の1を超える数字で推移しています。
婦間の問題には、子どものことやお金のことがほとんど必ずと言っていいほど関係してきます。
育費、面会交流(非同居親子の面会)、親権の問題など、子どもの問題についての解決実績があります。
謝料請求、財産分与などが絡む事件では、ご依頼される方からお話をうかがい、事実関係を調査したうえで、訴訟などにおいて適切な形で主張していきます。
姻費用の分担(離婚が成立するまでの生活費の支払いの問題)については、離婚するか否かはさておき、できるだけお早めにご相談いただくことが早期の解決につながります。
婚案件については、相談料を初回無料としています。

重点取扱分野  相続(遺言作成、遺産分割等)

写真 続は、誰もが経験をすることでありながら、法律問題が絡み合ってくることが多いものです。
産分割においては、それぞれの事案に応じて、調停・審判などの交渉に臨み、正当な権利の実現に尽力します。遺産分割調停に臨むにあたり、権利を実現するためには、弁護士に依頼することが重要な選択肢となります。
争の予防をする観点からは、まだ物事を判断する能力があり元気なうちにご自身の財産についての遺言を作成し、遺産の配分を指定した上で死後の取扱いを遺言執行者に委ねるということも有用です。
言があり、全財産を特定の相続人に渡すとされていても、他の相続人が遺留分減殺を主張できる場合があります。このような場合でも、正当な権利を実現できるよう努めます。
続放棄に関する問題(たとえば、相続財産管理人のことなど)についても、相談やご依頼をお受けしますので、まずはご相談ください。
続問題について、いくつかブログ記事を書いていますので、ご関心がありであれば、それもご覧下さい。
続案件については、相談料を初回無料としています。

重点取扱分野  交通事故損害賠償

写真 険会社との交渉には、困難がつきまとうものです。その困難は、保険会社との情報格差の点や、被害者が時間的・体力的・精神的に過酷な状況のもとで判断を迫られる点に由来します。
沢法律事務所は、そうした厳しい状況にある方々から、示談交渉や訴訟を受任し、適正な損害賠償を実現できるよう尽力します。
ずは、事故後または相手方保険会社から示談の提案があった段階などで、一度ご相談いただき、資料を精査した上でその後の対応を決めていきたいと思います。
談者の方が弁護士費用特約つきの保険にご加入の場合、ご依頼後の弁護士費用を保険会社に請求することができますので、契約内容を確認の上ご相談下さい。
護士費用特約つきの保険については、こちら(ブログ記事)をご覧下さい。
通事故案件については、自動車保険の弁護士費用特約の利用が可能です(その他の被害者事案も、無料でご相談できる場合がありますので、ご連絡下さい)。

これまで取扱経験が多い分野

様な訴訟対応、事業承継(相続等)をめぐる紛争やその予防等に尽力します。また、契約書作成・点検、債権回収、雇用・労務、株主総会、個人情報保護に関する業務も行います。会社の規模やニーズに合わせて、電話・メール等で迅速に対応しています。
齢者や福祉の問題について、常々勉強をするよう心がけています。成年後見の申立、成年後見人への就任、任意後見契約、財産管理契約等につきましては、ご相談やご要望に対応します。わからないことがあれば遠慮なくお聞きください。(初回相談無料
料滞納者に対する明け渡し請求、支払い請求、原状回復問題、敷金返還問題、オーナー側と入居者側の各種トラブル等を主にオーナー側の立場でこれまで数多く取り扱っています。この分野の裁判例についての知識が蓄積されています。
種の被害(暴力行為、名誉毀損、男女関係等)を受けた方が加害者に損害賠償請求をする場合においては、ご依頼いただく案件ごとに法律・裁判例の調査を行い、見通しを検討し、交渉・訴訟などで最良の解決を目指します。


取扱経験があり、取扱可能な分野

親族間紛争、刑事弁護、破産・債務整理、建築瑕疵、境界問題などの実務経験や、行政法、独禁法、消費者法、知的財産法などの法律知識があります。

会社経営者以外の方の契約書や覚書関係のご相談もお受けいたします。

その他、お問い合わせに応じます。

ページの上部へ